育毛剤ランキング 2015年育毛剤ナンバーワンはどれだ?

育毛の基礎知識 ~育毛アイテムの種類~

薄毛対策に欠かせない育毛アイテムですが、代表的な育毛アイテム5種について解説します。れぞれのメリット・デメリットを把握し、頭髪の状態に合致したアイテムを選択することが育毛の第一歩と言えるでしょう。

「内服薬」…男性の薄毛を改善する内服薬としては、プロペシアが知られています。男性ホルモンの1つであるテストステロンが、変換酵素の5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換すると、その作用により抜け毛や軟毛化がを促進されます。プロペシアは、5αリダクターゼの働きを阻害することで、薄毛の進行を遅らせる効果があります。

「外用薬」…薄毛を改善する外用薬としては、ミノキシジルが知られています。もともとは高血圧を治療するための医薬品なのですが、副作用として多毛症が発現するケースがあったことから薄毛治療にも用いられるようになりました。ただし、医薬品であることから、一定の副作用が現れる場合があります。また、内服するミノキシジルタブレットというものもありますが、これは日本国内では認可されていません。個人輸入業者からの購入は偽物を掴まされるリスク、副作用リスクが大きくなりますので、絶対に避けてください。

「育毛剤」…もっとも広く受け入れられている育毛アイテムは、やはり育毛剤ではないでしょうか。育毛剤の代表的な成分について簡単にご紹介します。血行促進を促す働きがあるセンブリエキス・カルプロニウム塩化物水和物・ミノキシジル。5αリダクターゼの阻害する働きをするフィナステリド・ノコギリヤシ。毛母細胞が必要としている栄養分を頭皮に補給するビタミンB群・アミノ酸。頭皮の炎症の抑制するグリチルリチン酸ジカリウムなどが有名です。

「育毛シャンプー」…頭皮環境を整える効果を持ったシャンプーを指します。直接的に育毛を促すわけではありませんが、頭皮をきれいにすることで、育毛剤の浸透力をアップさせる効果が見込まれます。

「サプリメント」…髪に必要な栄養を補給し、健康な毛髪を増やすサポートをします。間接的効果に留まるとはいえ、育毛剤などと併用すれば一定の効果が期待できるのではないでしょうか。

編集者プロフィール

私が薄毛を気にしだしたのは30代半ば頃から。その頃から約5年間、いくつかの育毛剤を試してきました。今回はその中でも今世間で人気の育毛剤を実際に使用し、その実感をレポートにまとめました。育毛剤選びで失敗したくないあなた!是非参考にしてください。

新型濃密育毛剤BUBKA 育毛体験レビュー

育毛剤総合ランキングBEST10

No.1 新型濃密育毛剤BUBKA

No.2 RiUP X5

No.3 ポリピュアEX

No.4 CHAP UP

No.5 IQOS

No.6 Deeper3D

No.7 M1-育毛ミスト

No.8 WAKA

No.9 ナノアクションD

No.10 プランテル

ランキング調査情報

■調査目的/将来もしくは、現在に不安を感じている方への参考情報の提供
■調査方法/インターネットリサーチ
■調査地域/全国
■調査対象/20代~50代の男性
      3573名
■有効回答数/3491人
■実施期間/2015年10月20日~
      2015年11月5日
■調査内容詳細はこちら